読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業ライターの映画感想ブログ

映画好きの兼業ライターによる映画感想や日々の生活ブログです。

今更サマーウォーズ。観てない人は必見だわ

 お久しぶりです。

 転職やらなんやらで全く動けていなかったんですが、そんなことは置いておいて。

 

 相変わらず映画自体はかなり観てます。毎週最低でも1〜4本は観ている状態です。

 

 そんな中、今までの映画感想でもおわかりの通り、結構古い映画を観てきた私ですが、最近の映画も観たいなと思い、今回手に取ったのは

 

 

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 サマーウォーズ!!

 

 マジで今更感が半端ない。

 

 アニメ映画自体ジブリやディズニーぐらいしか観てこなかったのですが、職場の映画好きな方からとてつもない推薦を受けたので騙されたと思って観てみました。

 

 結果めちゃくちゃおもしろかったです。

 内容は観た人も多いでしょうし観てない人は観てほしいので割愛しますが、どんな人が観たらいいかといえば、仕事に疲れて元気が無い人や、頑張れなくなった人に見て欲しいなと感じた一本でした。

 

 自分も何に対して頑張ろうとしてたのかを映画を通して考え直すきっかけになりました。

 

 また、映像の美麗さや、夏を感じさせる背景等これからの時期にぴったりな映画だと思いました。

 

 是非必見です。

真面目に見ないスパイアクション映画!?SPYを鑑賞

どうもお久しぶりです。

 

色々あっちのブログやこっちのブログや行ってたのですが、特別どこでも一緒かと思ったので同時更新することにしました。

色々見てみたいし。

 

ということで今回は2015年に放映された「SPY」を鑑賞しました。

 

スパイアクションと言うと「007」等ドキドキハラハラ系が思い浮かぶと思いますが、このSPYはどちらかと言うと頭空っぽにして見たほうが良い系です。

 

トレーラーを見ていただいても分かるレベルのぶっ飛び感です。

 

結構下ネタと若干グロがありますので苦手な方には注意が必要です。

それが大丈夫な方はとりあえず頭空っぽにして見てみて下さい。

結構笑えます。

 

主人公はスパイを補佐する内勤の女性。

サポートしていたスパイであり、片思いの相手が殺されてしまい、復讐のために自身がスパイとして立候補

思い浮かべていたスパイ像とはかけ離れた存在になりつつ、宿敵に近づき、何故か護衛をしてしまう羽目に…

 

とにかくコメディ色が強いです。

スパイより内勤の主人公のほうが明らかに強かったり、護衛が死ぬほど弱かったりと笑えます。

とは言え、流石CIAらしく頭の回転が早い事が分かるシーンや、記憶力や洞察力に優れている事が伺えるシーンも沢山あるので、ただのコメディアクションでは無いです。

丁度良い塩梅でコメディとシリアスが入り乱れているので、軽すぎず重すぎない映画を見たい方におすすめです。

 

それではまた。

だいぶ回復&気になった音楽

まだ完治していないものの大分体調がよくなってきた今日このごろ。

 

ぼんやりとyoutubeで動画を見たりしていた時に気になったバンドを発見したのでご紹介。


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV

 

まだまだ新しいバンドで、椎名林檎意識系かなぁって感じのバンド。

ライブムービー見てたらモロって感じだった。

 

最近流行りのオシャレ系バンドだけど中々面白いバンドだなぁって感じですね。

ギターラインが面白い演奏してるけどベースラインが普通。ボーカルは綺麗な声してるなぁって感じでした。

 

ただこのバンド皆めっちゃ楽しそうに演奏しているので、そこが魅力かもしれません。個人的には好きなバンド。

 

なんか謎に辛口批評になりましたが、人気出そうだなと感じたので紹介してみました。

 

それではまた。

無理は禁物、急遽入院してました。

色々と大変な事になっておりました。

 

仕事をしながら、執筆もして、休みは休みで色々家の事等していた所、つい先日急に体が重くなり、喉が痛くなり、熱がめちゃくちゃ出ると言う非常事態に。

すぐ様病院に行った所、ウイルス性の急性咽頭炎との事で、しかも喉が化膿して、水分も取れていなかった為脱水症状に過労と体が異常のオンパレードだったそうです。

幸いすぐに退院出来たのですが、私の生活に問題点として挙げられたのは。

 

・睡眠時間が日平均5時間以下

・ちゃんとベッドで寝ていない(良くいつの間にか寝ている為)

・食生活の乱れ(22時回ってからの食事等)

 

特に睡眠時間がかなり危険水域だったそうです。

みなさんも激務な方々は気をつけてくださいね。

 

今日も頭痛と熱は続いているものの、職場から休めないと言われたので仕事いってきまーす。

シュレックシリーズはどれも面白い

多分知らない方も少ないんじゃないかと思うシュレックシリーズですが、私自身1しか見たことが無く、実は4つも作品があった事に驚きました。

 

 

シュレック (吹替版)

シュレック (吹替版)

 

 ダウンタウンの浜田さんが声優をされている事でも有名ですね。

シュレックと言う緑色の怪物が、自身の住む沼におとぎの世界から追われた住人達が住み着いてしまい、直談判しに国に行ったら姫助けてこいと言われて…と言うお話なのですが、浜田さんの関西弁あふれるシュレックの演技と、知らない人もいないであろうおとぎ話の住人達。

コメディーチックな進行など、家族で安心して見れる映画でした。

 

2、3と話は進んでいきますが、シュレックとフィオナ姫の愛も進行していくのが魅力でした。

また、ヴィランも多数登場するので、おとぎ話が好きな方にはより楽しめる内容となっております。

 

安心して見れる映画がみたい方にオススメです。

【サイレントヒル】ゲームが原作のショッキングホラー

映画 感想

コナミが出した人気タイトル。サイレントヒルシリーズ。

主人公達は色々な理由からサイレントヒルに入り、別世界に誘われ、異形の者達から時には逃げ、戦い生き抜いていくホラーゲームですが、色々なところに散りばめられた考察ポイント等もあいまって人気が出てます。

 

かくいう私も大好きで、特に2が好きなタイプです。

 

そんなサイレントヒルが2006年実写映画化しました。

 

 サイレントヒルに誘われてしまった娘を探すため、母親であるローズがサイレントヒルに入り、裏世界を冒険する映画なのですが、結構良くできてます。

サイレントヒルらしさもあり、また父親サイレントヒルに入れず、別々の世界に行ってしまったといった描写。

サイレントヒルらしい灰色の世界と、裏世界は本当にゲームの裏世界さながらです。

 

原作1のキャラクター達が沢山出てくる上、ゲームをやっていればニヤリとするシーンも多数登場しますが、ゲームには登場しなかった三角頭ことレッドピラミッドシングが登場する等、ファンサービスもバッチリです。

 

ただ、ホラー好きと言うだけの方にはオススメできないかも。

結構グロいんですよね。

 

R12の映画なんですが、恐らく今公開したらR18になりそうな気がする。

その為、ショッキングホラーが大丈夫でサイレントヒルのゲームが好きな方にオススメしたい映画です。

 

暗闇の中、娘の軌跡を頼りに進んでいくローズは、最終的にどうなってしまうのか。

娘と会えるのか、裏世界の住人となってしまうのか、後半の畳み掛けは展開のスピードもそうですしグロレベルも上がってきます。

 

そんな映画でした。

【ヴァンパイアアクション映画】ヴァン・ヘルシングにも似たブレイドを観た

映画 感想

1998年のアメコミ映画、元はマーベルコミックスの主人公。

ヒーローに位置づけはされていないようですが、スパイダーマンのコミックスにゲスト出演したことがあるなど、本国では人気キャラのようです。

映画も3本公開されています。

 

その内の一本目を観てみました。

 

 内容はかなり頭空っぽで見れるタイプの映画です。

なにせ設定らしい設定も伏線もあったもんじゃないので…。

 

吸血鬼がいる世界で、主人公ブレイドは、胎児の段階で母親が吸血鬼に襲われてしまう。

ブレイド自身は助かったものの、吸血鬼に感染してしまう。

自らの母親を殺した吸血鬼を探すために吸血鬼ハンターになったブレイドが戦うアクション映画なんですが。

 

これだけなんですよね…。

話の内容はこの文章だけで終わっちゃいます。例えばメッセージ性や、何か予想外の展開があるわけでもなく…。

ぼんやり観ている事が出来るので、アクションとして見る分には面白かったのですが。

2,3も観てから最終評価してみたいなと思いますが、ただ90年台の映画として考えるとかなりすごいアクションなんじゃないかなと思う映画でした。