兼業ライターの映画感想ブログ

映画好きの兼業ライターによる映画感想や日々の生活ブログです。

【サイレントヒル】ゲームが原作のショッキングホラー

コナミが出した人気タイトル。サイレントヒルシリーズ。

主人公達は色々な理由からサイレントヒルに入り、別世界に誘われ、異形の者達から時には逃げ、戦い生き抜いていくホラーゲームですが、色々なところに散りばめられた考察ポイント等もあいまって人気が出てます。

 

かくいう私も大好きで、特に2が好きなタイプです。

 

そんなサイレントヒルが2006年実写映画化しました。

 

 サイレントヒルに誘われてしまった娘を探すため、母親であるローズがサイレントヒルに入り、裏世界を冒険する映画なのですが、結構良くできてます。

サイレントヒルらしさもあり、また父親サイレントヒルに入れず、別々の世界に行ってしまったといった描写。

サイレントヒルらしい灰色の世界と、裏世界は本当にゲームの裏世界さながらです。

 

原作1のキャラクター達が沢山出てくる上、ゲームをやっていればニヤリとするシーンも多数登場しますが、ゲームには登場しなかった三角頭ことレッドピラミッドシングが登場する等、ファンサービスもバッチリです。

 

ただ、ホラー好きと言うだけの方にはオススメできないかも。

結構グロいんですよね。

 

R12の映画なんですが、恐らく今公開したらR18になりそうな気がする。

その為、ショッキングホラーが大丈夫でサイレントヒルのゲームが好きな方にオススメしたい映画です。

 

暗闇の中、娘の軌跡を頼りに進んでいくローズは、最終的にどうなってしまうのか。

娘と会えるのか、裏世界の住人となってしまうのか、後半の畳み掛けは展開のスピードもそうですしグロレベルも上がってきます。

 

そんな映画でした。